栄養学

ノコギリヤシの成分って?

最近ではサプリメントで良く耳にする言葉として色々な物が挙げられるのですが、その中でも
ノコギリヤシと言う言葉を耳にする事は少なくありません。
しかし、この言葉を聞いてその商品に魅力を感じる事があっても、実際にどんな成分が含まれていて効果を持っていると把握している人は少ないものなのです。

もしも、言葉の意味までしっかりと熟知していればこのノコギリヤシを含んだ商品には更に好感が持てますし、何か親近感が湧いてくるのです。
言葉だけのミーハーにならない為にも、このノコギリヤシにはどのような成分が含まれているのかと言う事を説明していきます。
まずは、このノコギリヤシに含まれている成分とは果実に多く見られる脂溶性のものがあり、脂肪酸やステロール等の成分が含まれています。

そのステロールの中でも更に尿を頻繁に出す効果が期待されているβ-シトステロールやオクタコサノールと言った成分には特に注目されており、これらは現在の科学でも必要な成分なのです。
更に、最近発見された事なのですが、ノコギリヤシに含まれている遊離脂肪酸と言う成分の中に有るオレイン酸・パルミチン酸・ミリスチン酸と言う物質が排尿の際に起こってしまう障害を改善する事で注目されているのです。
その中のオレイン酸には、ノコギリヤシの中での含有が多いことと薬理に活性化する働きを強く持つ事から効果に大きく携わっている事が見つかったのです。

この事からノコギリヤシの成分には人間の体内に良いとされる成分が多く含まれており、特に排尿に関して改善させる働きを強く持っているのです。
普段何気なく聞いている言葉であっても、このように成分の種類やその働きを知る機会は無いものであります。
ノコギリヤシには人間の排尿に関わる問題を改善する効果を持っており、その効果を発揮するために重要な脂肪酸やステロールが大量に含まれているのです。
特に、遊離性脂肪酸の中のオレイン酸にはその効果を十二分に発揮する力があるのです。

このページの先頭へ